バンド・オブ・ブラザース

バンド・オブ・ブラザース

夢中で一気見。「ザ・パシフィック」同様の見応え。
でも違いもあって、こちらは根本的に人間vs人間の戦いとして描かれている感じ。
最も印象深いのは収容所の発見と、最後の降伏した独将校が兵士たちに語るシーン。後者はウィンタースたちとの対称性という点でそれがわかりやすいけれど、前者も多分、同じ人間がこんなとんでもないことをしでかしていた!という点で、「敵も同じ人間」がベースにあると思う。
感じ方の違いかも知れないけれど、「ザ・パシフィック」では、人間が、何か別のものと戦うなかで疲弊しきっていく、という描かれ方をしていたように、本作を見ると感じる。