自殺島・15

サワダがいなくなって終わり、ではないのがこの作家。