二郎は鮨の夢を見る

こういう職人像を礼賛することについては、いろいろ考えさせられる。