ブラザーズ・グリム

ブラザーズ・グリム

魔物うずまく中性ドイツと世俗化された近代フランス、地理的・歴史的なその溝は兄と弟の間にも横たわる。ロマンなのかペテンなのか、勝利の判定はサラ・コナーに委ねられるが、曖昧なまま残される。女王が無理も無いほど美人すぎる。