2014年 4月 の記事

フライト

フライト

フライト

監督:ロバート・ゼメキス
主演:デンゼル・ワシントン(ウィトカー)
2012・アメリカ

過酷事故を直感で乗り切った名パイロットは実は重度の依存症。
事故の原因究明の過程でそれを追求されかけつつ、あとひと言返事をすれば免れられるところだったが・・・

(→ 続きを読む)フライト

アイアムアヒーロー・14

アイアムアヒーロー・14

アイアムアヒーロー・14

完全に他者だったものとの媒介が、少しずつ見えてきた。
ここまで克明に描いてきたものに意味があるのか、それともないのかが気になる。あるような気がするから読めるわけだけれども・・・

テラフォーマーズ・8

テラフォーマーズ・8

テラフォーマーズ・8

キャラクターが多くて、すでに見分けがつかなくなって久しい(^^;
正直、おもしろ生物図鑑的な感じで読んでいたんですが、ちょっと盛り返してきた感が、、、。

ULTRAMAN・4

ULTRAMAN・4

ULTRAMAN・4

覚醒してきたね。ウルトラマンもセブンもスーツがいい具合にアレンジ。ベムラーも似た感じなのがずっと気になってるんだけど、伏線なのかな。

許されざる者

許されざる者

許されざる者

監督:李相日
主演:渡辺謙、佐藤浩市
2013・日本

「許されざる者」というよりは「取り残された者」というタイトルの方がしっくりくるように感じたのですが、同タイトルの西部劇にストーリーを倣っていると知り納得。

(→ 続きを読む)許されざる者

炎のランナー

炎のランナー

炎のランナー

監督:ヒュー・ハドソン
主演:ベン・クロス(ハロルド)、イアン・チャールソン(エリック)
1981・イギリス

自らの宗教と折り合いをつけながら走る瞬間に賭けた二人の若者。信念の貫き方は違えども、共に世間と戦い、自由のあり方を示す。
でも戦った相手がイギリスのエスタブリッシュ文化なだけに、異文化の、それも庶民にはちょっと想像に難い。
テーマ曲の知名度が高いだけに期待も大きくなりがちなところは注意点かな。
イケメンの若者が浜辺を走る姿がとにかくまぶしい(^^;

アンストッパブル

アンストッパブル

アンストッパブル

監督:トニー・スコット
主演:デンゼル・ワシントン(フランク・バーンズ)、クリス・パイン(ウィル・コルソン)
2010・アメリカ

2001年に起きた実話を元にした暴走列車もの。見る者をひきつけるのにテーマの新奇さは必ずしもいらないという見本のような一本。

(→ 続きを読む)アンストッパブル

女子攻兵・1

女子攻兵・1

女子攻兵・1

松本ワールド炸裂ながら、きちんと筋を追いやすい。とはいえ深くアクセスしすぎるとこちらが精神汚染されてくる(^^;)
面白いけれどなかなか古本屋ではお目にかかれないので続きが読めるか心配、、、って買いましょう>自分

ワールド・ウォー Z

ワールド・ウォー Z

ワールド・ウォー Z

監督:マーク・フォースター
主演:ブラッド・ピット(ジェリー)
2013・アメリカ

B級感ただようタイトルであんまり期待してなかったけど、最初から最後まで一気見。
ゾンビ+パンデミックという、もはやジャンル化したテーマながら、パンデミックのスケールがしっかりと伝わってきたのが新鮮。ありふれたテーマでもまだまだやれるってこと、やられていないことはあるんだなと感じさせられました。

(→ 続きを読む)ワールド・ウォー Z

ウルヴァリン samurai

ウルヴァリン samurai

ウルヴァリン samurai

監督:ジェームズ・マンゴールド
主演:ヒュー・ジャックマン(ローガン)
2013・アメリカ

ジーンを失った心の傷を抱え、生きる意味を失ったローガン。彼を二重に苦しめるのは、意味を失った生が永遠に続くという点。

(→ 続きを読む)ウルヴァリン samurai

TOP

プロフィール

管理人:たいぽ(typo)

眠れる中二魂を発掘中のおじさんです

twitter:@typo007(フォロー歓迎)
読書メーター
鑑賞メーター(ここに載せてない映画も記録してます.)
旧blogはこちら→ふでのすべり跡(別ウィンドウで開きます)
よく訪ねてくださいました \(^0^)/ マンガや映画・dvdのひとこと感想をメモしてます。たまに落書きも。