ディパーテッド

ディパーテッド

監督:マーティン・スコセッシ
主演:レオナルド・ディカプリオ(ビリー・コスティガン)
2006・アメリカ

苦悩するディカプリオがよいです。対照的に描かれるマット・デイモン(コリン・サリバン)もそれを際立たせる。ジャック・ニコルソン(フランク・コステロ)の存在感は当然として、マーク・ウォルバーグ演じる憎まれ役のディグナム巡査部長、ヒロインのヴェラ・ファーミガさんも役にはまって物語が立体的に。


見ているうちに、すでに一回見た事あると気づいたのですが、全然飽きることなく最後まで見ることができました。
互いに潜入する捜査官とマフィアの手先の駆け引きに、ともすると混乱しそうなところを、わかりやすく見せてくれる手腕もさすが。
暴力シーンもあるので、苦手な方は注意です。

ディパーテッド(wikipedia)