L.A.ギャングストーリー

L.A.ギャングストーリー

監督:ルーベン・フライシャー
主演:ジョシュ・ブローリン(オマラ巡査部長)
2013・アメリカ

七人の侍的なロス市警のはみ出し者たちとギャングの抗争。型にはまった面白さを期待してたけど、チームがけっこう強くなくて、しかも行き当たりばったり。そのへんで楽しませてくれます。


L.A.ギャングストーリー
この人が軍人上がりのチームリーダー。熱血直情型でちょっとアナクロな感じのヒーロー。

L.A.ギャングストーリー
対局に置かれるのがこちらのクール・ガイ、ジェリーことライアン・ゴズリング。
いいバランスになっています。

L.A.ギャングストーリー

ガンマン、と呼ばれる銃の名手・マックス。重鎮役てところでしょうか。
ほかにも個性的な仲間たちが多数登場します。

L.A.ギャングストーリー

この映画の魅力をぐ〜んと高めているのは、何といってもこちらのミッキー・コーエンを演じるショーン・ペンです。

L.A.ギャングストーリー

ヒロインのエマ・ストーン(グレイス)も可愛くてよかった。
後で仲間になってくれます。

でも本作で一番強いのは、オマラの細君でしょうw
ギャングに襲われながら子ども生むし、なんだかんだ文句言っても、夫のために仲間を選んだのも彼女。

L.A.ギャングストーリー(公式)

L.A.ギャングストーリー(wikipedia)

関連記事:

    None Found