2014年 3月 の記事

華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー

華麗なるギャツビー

監督:バズ・ラーマン
主演:レオナルド・ディカプリオ(ジェイ・ギャツビー)
2013・アメリカ

原題は『The Great Gatsby』ってなっていて、greatだと偉大な、とか崇高な、っていう訳のほうが馴染みがあります。華麗な、ってすると乱痴気騒ぎの映像と直リンクしてしまうんだけど、物語の根幹にあるのはニックが心打たれるギャツビーの「希望を持ち続ける力」。その純粋さ、異常なくらいのひたむきさは、果たしてハッピーエンドを迎えられるのか・・・

(→ 続きを読む)華麗なるギャツビー

大地の子

大地の子

大地の子・1〜6

原作:山崎豊子
主演:上川隆也(陸一心)
1995-96・日本(NHK)

不条理な状況に翻弄される人々。でもそれが圧倒的であればあるほど、そこで輝く人間性が尊く感じられる。
現実には難しいことも多いけど、一心を育てた陸夫妻のような心はきっと誰にでも備わっていて、それは人間の本質的な部分にも関わっているように思う。
彼らが守り育てた一心の命の灯はやがて、技術・人間、その双方の結晶として巨大な高炉の炎になり、大陸の茫漠とした自然を照らします。

(→ 続きを読む)大地の子

紀元前1万年

紀元前1万年

紀元前1万年

監督:ローランド・エメリッヒ
主演:スティーブン・ストレイト(デレー)
2008年・アメリカ

マンモス倒すところはよかった♪
ギャートルズ的世界にひたれるともっとよかったな(^^)

(→ 続きを読む)紀元前1万年

ディパーテッド

ディパーテッド

ディパーテッド

監督:マーティン・スコセッシ
主演:レオナルド・ディカプリオ(ビリー・コスティガン)
2006・アメリカ

苦悩するディカプリオがよいです。対照的に描かれるマット・デイモン(コリン・サリバン)もそれを際立たせる。ジャック・ニコルソン(フランク・コステロ)の存在感は当然として、マーク・ウォルバーグ演じる憎まれ役のディグナム巡査部長、ヒロインのヴェラ・ファーミガさんも役にはまって物語が立体的に。

(→ 続きを読む)ディパーテッド

土竜の唄・39

土竜の唄・39

土竜の唄・39

あの会長は卑怯すぎて失脚して欲しいな。パピヨンと鰐淵の代になるべき。

E.T.

E.T.

E.T.

監督:スティーヴン・スピルバーグ
主演:ヘンリー・トーマス(エリオット)
1982・アメリカ

SFファンタジーの金字塔をいまさら見。
E.T.の表情の豊かさが凄い。

(→ 続きを読む)E.T.

HELL

HELL

HELL

監督:ティム・フェールバウム
主演:ハンナ・ヘルツシュプルンク
2011・ドイツ・スイス

予算無くても立派な映画になりました、って感じですかね(^^)

グランド・マスター

グランド・マスター

グランド・マスター

監督:ウォン・カーウァイ
主演:トニー・レオン(イップ・マン)
2013・香港

全編スキの無い映像で、ウォン監督の耽美的なクンフーの世界にひたりきれます。

(→ 続きを読む)グランド・マスター

藁の盾

藁の盾

藁の盾

監督:三池崇史
主演:大沢たかお
2013・日本

藁でできた盾なのか、藁のための盾なのか、タイトルの意味がはっきりわからないまま、それでも一気に見てしまいました。多分後者のほうなんだろうと思いますけど。

(→ 続きを読む)藁の盾

世界にひとつのプレイブック

世界にひとつのプレイブック

世界にひとつのプレイブック

監督:デヴィッド・O・ラッセル
主演:ブラッドレイ・クーパー(パット)
2012・アメリカ

ちょっとこわれた二人が繰り広げるラブストーリーで、心温まります。

(→ 続きを読む)世界にひとつのプレイブック

TOP

プロフィール

管理人:たいぽ(typo)

眠れる中二魂を発掘中のおじさんです

twitter:@typo007(フォロー歓迎)
読書メーター
鑑賞メーター(ここに載せてない映画も記録してます.)
旧blogはこちら→ふでのすべり跡(別ウィンドウで開きます)
よく訪ねてくださいました \(^0^)/ マンガや映画・dvdのひとこと感想をメモしてます。たまに落書きも。