ものすごくうるさくてありえないほど近い

ものすごくうるさくてありえないほど近い

大好きだった父親を9.11で奪われた少年がその悲しみを理知の檻に封じ、父のクローゼットで見つけた鍵と新聞の切れ端を支えに、不条理な運命を必死にこらえる。繊細な映像と演技で、難しいテーマをていねいに表現してくれている感じがしました。