土竜の唄・36

土竜の唄・36

快進撃を続ける二人に仲間からの風当たりが表面化。おまけに根本的なリスクである、正体が問われる気配、いよいよ最後の盛り上がりになっていくのかな。
にしても、随所にちりばめられるオバカなセンスが癖になる。