べっちんとまんだら

べっちんとまんだら

こういう作品を詩的と言ってもいいのかな、
あまりにしっくりきて、自分が病んでるのかと後で感じてしまった・・・。
誰にでも描ける作品じゃないな(^^;