一匹と九十九匹と・1

昔の青年マンガって今と違って文芸色が濃いものがけっこうあったなって、思い出しました。
心地よく読めてしまったのは歳とったってことかな〜、、、(^^;)
シニカルな感じが無く、丁寧に希望を描いてる印象。
キャラクターの作り方も上手くて入りやすいです。
あれこれ考えなくても、パシッとはまってくる感じがよかった♪