歩いても歩いても

歩いても歩いても

どこか懐かしい日常的な風景のなかで家族のそれぞれが描き出され、そこに自然とひきこまれて、気づけば最後まで飽きずに見てしまう。脚本すごい。